腹筋と姿勢で腰をいためないように

腹筋と姿勢で腰をいためないように

私の母はすべり症で10年以上痛みとたたかい、すべり症から脊柱かん狭窄症になり71で手術を受け、現在股関節疾患で歩行がおぼつかなくなった。

 

そんな母をみて、私は日頃から腹筋を使う癖をつけている。女性は腹筋を鍛えるのは難しい。腹筋にかぎらず筋肉をつける事じたが難しいのと、男性にくらべてついてもすぐおちてしまう。今ついている腹筋を維持する事が長い目でみても、結果一番。

 

私が実践してるのは、歩く座る立つかがむどんな時にもお腹を引っ込めるように力をいれる癖をつける事だけです。
41でヒップホップダンスを復活したが、素人でもダンスがうまい人は、ずっとお腹に力が入っているのが基本です。

 

お腹に力をいれていないとすぐ腰を痛めるのがわかるからです。腰がいたむとひざにきて、足首かかと全部がやられてしまいます。

 

脱線しましたが、普段の生活で洗顔 や何やらかがむ時が一番気を付ける時かとおもいます。まっすぐ立った姿勢のまま、膝を曲げていきます。先程からしつこくいっていますが この時だけでもお腹を引っ込めるように力をいれてまっすぐの体勢のまま膝を曲げてから、上半身を曲げる癖を!洗顔やシャープー うがい歯磨きをする洗面だいに立つときだけでも最初はいいかと思います。

 

→朝起きて背中が痛い人におすすめの布団